社会福祉法人 福岡県母子寡婦福祉連合会

お気軽にお問合せ・ご相談ください。
092-584-3922
メールお問合せは、こちら

ひとり親サポートセンター

あらまし
あらまし:ひとり親サポートセンターイメージ

「ひとり親サポートセンター」とは?

平成15年から開設している「福岡県ひとり親家庭等就業・自立支援センター」では、平成29年度より通称名をわかりやすく、親しみやすい「ひとり親サポートセンター」としました。
経験豊富な就業支援相談員が、ひとり親家庭のお母さん・お父さんや寡婦のみなさんの就職のお手伝いをしています。
また、ハローワークの担当職員(ナビゲーター)と連携し、ご本人の希望や技能に基づき、最も適切な仕事に就けるようお手伝いします。
(相談は無料で個人の秘密はかたく守ります。)

※寡婦とは、かつて母子家庭の母であった方で、その子どもが20歳以上になったのち、なお配偶者のいない状態にある方を寡婦という。

まず、ひとり親サポートセンターの就業支援相談員と面談し、「求職登録」をしていただきます。

  • 電話で申し込みがあれば、随時お住まいの市町村役場などまで出張し、面談します。
  • 「求職登録」されたひとり親家庭のお母さん・お父さんや寡婦のみなさんの家庭の状況や、今までの仕事の経験などに応じて適切にアドバイスします。
  • 児童扶養手当受給中のひとり親家庭のお母さん・お父さんには、自立のための「プログラム」を作成し、児童扶養手当を受給されていないひとり親家庭のお母さん・お父さんあるいは寡婦の方には、「相談記録票Jを作成し、それぞれハローワークのナビゲーターと共に、就業のお手伝いをします。
  • 3か月〜6か月間、ハローワークの同じ担当ナビゲーターが一人ひとりに合った支援 方法で求職活動を支援し、ひとり親サポートセンターからも「求人情報」の提供を行います。
  • 生活に関する悩みなどもお気軽にご相談ください
  • ひとり親サポートセンター(春日)では第1・第3土曜日、毎週日曜日の9時から4時も開設しています。
  • 「宗像市」「苅田町」「築上町」では「出張相談会(予約制)」を実施します。

就業に自信がもてないひとり親家庭のお母さん・お父さんや寡婦のみなさんは、「就業支援講習会」から始めましょう。

  • 就職するには、「資格」や「技術」があると有利です。ひとり親サポートセンターでは、地域ごとに「就業支援講習会」を開催し、ひとり親家庭のお母さん・お父さんや寡婦のみなさんのスキルアップを応援します。
  • 「講習会」は、平日の昼間はもちろん、夜間や土・日曜にも開催します。
  • 1歳〜6歳のお子さんの託児(事前予約制)もあります。
  • 受講料は、無料です。ただし、テキスト代や検定料等は、実費または一部負担が必要ですので、講習会一覧表の個人負担を参照してください。

子どもさんのための「養育費」の相談事業を行っています。
「養育費は子の権利、離れて暮らす親と子の絆」

電話による養育費相談
弁護士による専門相談

・養育費以外の相談もお受けします。(事前予約制です)

ひとり親サポートセンター